天草地域総研のご紹介

未来図

総研のテーマメッセージ

天草地域総研のビジョンは、「世界で最も幸せな島・天草を創る」です。
総研のロゴは、円い地球に天草から幸せの波紋を広げるというメッセージが込められています。
2021年7月1日、一般社団法人として産声を上げた天草地域総合研究所は、これから20年の歳月をかけて、世界中のモデルとなる幸せな島を実現していきます。
みなさんと一緒に力を合わせて進んでまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

空き家で悩んだら

悩んでいる

空き家問題はとても複雑で、個人情報にも関わり、どこから手をつけたら良いか悩んでしまいます。でも放置していたら、地域にどんどん空き家が増えて寂れていきます。

ワンストップ相談窓口

空き家問題は個別に行政や民間団体と相談すると、バラバラな対応で収集がつかなくなります。総研にご相談頂くとすべての関係団体、専門機関とつないで対応致します。空き家問題や移住定住、地域づくりに関するご相談は無料です。

専門機関と協調連携

協調連携

ご相談の内容に応じて、空き家の管理、利活用、解体、仏壇の整理、所有権の移転、地域づくりのビジョン作成、不便を便利に変える企画など、地域力を高めるために行政や専門機関と常に協調連携して対応致します。

モデルケースのご紹介

モデル地区

天草の地域で空き家対策や移住定住による地域活性化に先進的に取り組んでいるモデル地域をご紹介します。
転ばぬ先の杖として、モデル地域から空き家利活用の仕組み作りや住民の連携の仕方を学んで、地域がよみがえるまちづくりを支援します。

継続的な支援体制

明るい未来

限界集落だった地域がよみがえり、地域に根ざす定住者が増えて次第ににぎやかになり、やがて子どもたちが増えて笑顔で暮らせる未来を作るため総研は継続的に支援します。

当法人は非営利型一般社団法人で、天草島民の幸せな暮らしを実現するために、地域住民のたすけ合いと専門業者の協調連携により以下の事業を推進いたします。

<空き家対策>
・空き家解体のご相談
・空き家管理のご相談
・空き家利活用のご相談
・空き家対策セミナーの実施
<地域活性化の支援>
・地域作りの企画提案
・関係者の協力と連携
・移住体験ツアーの実施
・移住定住の世話と促進
・地域活性化モデルづくり

私たちは、空き家対策はもとより移住定住を促進し、天草から限界集落が消えて、将来の子供たちが笑顔で幸せに暮らせるように、お互いにたすけ合う住民主体の地域づくりを支援いたします。

役員名簿

理事長山口誠治社会教育家・日本スマートコミュニティ協会理事長
副理事長畑元正司一級建築士・天草のすまいとまちなみ研究室代表
理事野原大介株式会社ノハラボ 代表
理事桂木誠志(一社)市民活動サポートあまみん 理事長
理事梅川定喜NPO法人エンジョイあまくさ 代表
監事冨安英猛ふるさと文化懇話会 代表
監事森裕樹司法書士・森司法書士事務所代表
(一社)天草地域総合研究所役員名簿